企画展情報Event information

第71回歴史文化講座「郭門を巡ってみよう!」を開催しました

企画展

2020/09/27


 9月27日、まなべこ歴史文化「郭門を巡ってみよう!」を開催しました。新型コロナ禍で講座の中止・延期が相次ぎ、7ヶ月ぶり、屋外の講座としては10ヶ月ぶりの歴史文化講座です。新型コロナはまだまだ油断はできませんが、感染防止対策を十分に取りながらの開催となりました。

 当日は早朝から雨で、散策中も何度かパラパラと降りましたが、幸い大崩れすることなく、順調なペースでイベントを終えることができました。

 今回のテーマは郭門巡りということで、最初に若松城下の大手口(正面口)である甲賀町口郭門からスタートしました。そこから六日町口、三日町口、徒之町口、そして最後に、昔の大手口といわれる天寧寺町口郭門の五ヶ所を見て回りました。現在も形が残っているのは甲賀町口郭門だけですが、他の郭門も道路の形状などに、その痕跡を見つけることができました。

 その他にも、江戸時代から続く通りや、武家屋敷など見どころが多いコースで、外堀や土塁の痕跡などもあり、意外なところに残る昔の面影に、参加者の方々は驚かれていたようでした。

 ご参加いただいた皆様、この度は誠にありがとうございました。郭門巡りは、来年以降も何度かに分けて開催する予定です。

 次回のまなべこ歴史文化は、10月11日(日)の「不思議発見!鶴ヶ城のヒミツを探る!」の予定です。鶴ヶ城の土塁と石垣を中心に、文化課職員が解説しながら散策します。定員は15名で参加にはご予約が必要となります。予約受付開始は、10月4日午前9時からとなりますので、皆さまぜひご参加ください